ねこきっくぱんちのメモ帳

ITに関することいろいろめも。たまにアニメ。

slackbotの利用サンプル

最近会社で初めた、ITやslackがわからない人でも簡単に設定できる、
slackbotで少々仕事が楽しくなる・便利になる工夫です。
※非IT企業での利用を想定しています。また、自分が実験中のものです。

■設定方法
 1.左ツリーから「slackをカスタマイズ」を選択
 2.slackタブを押す
 3.左にインプット文言、右にアウトプット文言を入れて保存
 ※インプットは基本、完全一致となる。
 ※アウトプットは、改行することでランダム表示ができる。


■設定事例

1.ものの貸し借り
チーム内で利用しているある物の貸し借りを以前はExcelでやっていた。
これをslackのチャンネルで管理するように変更。
→ただの記入だと誰もやらないので、入れるとちゃんとかわいいbotが返事くれることで、
みんながちゃんと書き込むようになる効果があった٩( 'ω' )و

IN
・借ります!/返しました!

OUT
・いってらっしゃい!
・ちゃんと返してくださいね?
・許可します!
・お疲れ様でした!


2.ディレクリのパス
月1でしか使わないようなファイルサーバのパスを探さなくてもよくなり便利

IN
・会議資料
OUT
ディレクトリまでの絶対パス(E:¥チーム名¥会議資料¥2018) など


3.メールの宛先
メーリスがない場合や、チーム内の数名だけに直で送りたい場合に便利

IN
・開発部
・営業部
OUT
・xx@aaa.com, yy@aaa.com, zz@aaa.com(コピペしてToやCCに貼り付けでOK)
・aa@aaa.com, bb@aaa.com, cc@aaa.com

4.今日の運勢
IN
今日の運勢,占い,運勢
OUT
◯△×など

5.社員情報
IN
田中太郎
OUT
社員番号:xxxxx  xx部xxチーム 社用ケータイ:080-1234-5678


実験中ですが、1がめちゃ利用頻度が高く、他はぱっとしない反応な状況。