ねこきっくぱんちのメモ帳

webの勉強メモです。 HTML,CSS,JavaScript,PHP,Illustrator,Photoshopなど。

JavaScript001 Mathオブジェクト

Mathオブジェクトの使用例

Mathオブジェクトは、数学的な操作を行うメソッドや、
円周率などの定数などのプロパティをもっている。

Math.random();
[0,1) 、……つまり、0 以上 1 未満の範囲で疑似乱数を返します。

var r = Math.random();
console.log(r);
// 結果:0.56567826

Math.floor(x);
引数として与えた数以下の最大の整数を返す。
おみくじ占いや、ローディングのたびに画像をランダム表示させたりできる。

関連メソッド
 Math.floor()   切り捨て
 Math.ceil()  切り上げ
 Math.round() 四捨五入

var r = Math.floor(Math.random()*5+1);
console.log(r);
/*
・ 結果:1~5までの整数をランダムで返す記述
・*5+1の+1は0を表示させないため。配列を利用する場合は除外する。
・画像(5枚でファイル名固定)をランダムで表示させるような場合の例
document.write('<img src="img/photo0'+ r +'.jpg alt="animalImage">');
・蛇足 マウスオーバーを要素埋め込み
<img src="xx.jpg" alt="xx" 
onmouseover="this.src='yy.jpg'"
onmouseout="this.src='xx.jpg'">
*/

Noted
・ 大文字で始まるが、Math()コンストラクタでインスタンス生成するものではない。
・他のビルトインオブジェクトとは異なり、数値操作をするための静的プロパティ/メソッドを定義したオブジェクトである。
・初期設定値のプロパティは定数で、変更削除ができない。

■参考
MDN記事抜粋
Math - JavaScript | MDN
JavaScriptで小数を四捨五入、切り捨て、切り上げする方法
本:開眼!JavaScript(16章)